● 材  料 
彫り易く、彩色し易い均質な木が良い。
日本の木ではシナ、ヒバ・ホオなどで、バードカービング
では主に輸入材のチュペロ、ジェルトン、アユースが使用
されている
チュペロ 軽くて柔らかいが、粘りがあり、北米南部産の
木でバードカービングに最適(グラインダー向)
ジェルトン 柔らかく、加工し易い東南アジアの木(ナイフ向)
アユース 柔らかく加工し易いアフリカの木(ナイフ向)
● 道 具
ナイフ、彫刻刀、グラインダー、サンドペーパー、焼きゴテ、ハンダコテ、アクリル絵の具等。
● ● ● ● ● ● ● ● ● 工  程 ● ● ● ● ● ● ● ● ●
 側面図
 上面図
(1)資料を集めて図面を書く
(2)カットアウト
 彫刻する木に図面を引いて鳥の形に
 切り出す。
(3)粗削り
 ナイフ又はグラインダーで鳥の
 頭、肩、胸、尾等の形をつくる
(4)各部の制作
 ◆ 頭、嘴をつくる
 ◆ 翼、尾羽の細部をつくる
 ◆ 焼ゴテなどで羽毛を表す
 ◆ 目玉、目の回り、アイリング等
(5)足の制作
 銅線等を使用してつくる
(6)彩色
 ◆ 下塗り工程 
    ラッカー、ジェッソを塗る
 ◆ 色塗り工程
   下塗り、中塗り、仕上げ工程
仕上げ
(7)止まらせて完成
 ◆台を選ぶ
 ◆重心の位置に注意する